バイアグラの飲み方、食事とアルコール

バイアグラ

バイアグラはEDを改善してくれる医薬品の一種です。
個人輸入代行などで簡単に購入できるので、気軽に服用することができますが、医薬品なので飲み方を間違えてしまうと副作用の発症率を高めてしまいます。

これからバイアグラの服用を考えている方は、まず服用方法に関する情報を集めて服用していきましょう。こちらではバイアグラの服用に関する情報をピックアップしているので、是非参考にされてみてください。

バイアグラと食事について

風邪薬や頭痛薬など、一般的な薬は主に食後に服用することが推奨されていますが、バイアグラの場合は違います。

バイアグラと食事の愛称は非常に悪く、食事の後に服用してしまうと効果が半減してしまうため、これから服用を考えている方は注意しましょう。

バイアグラに含まれているシルデナフィルは食事の栄養分と相性が悪く、特に脂分を含んだ食事はより影響を受けるため、せっかくの効果が減少してしまいます。

しかし、性行為を行う前はパートナーとの食事やアルコールを楽しむ機会も多く、しかたなくバイアグラを食後に服用していバイアグラと食事るという方も多いのではないでしょうか。

食事の後に服用してしまうと勃起力を高めることができず、十分なペニスの硬さを手に入れることができなくなってしまいます。不十分な硬さペニスで性行為を行ってしまうと中折れという症状を発症させてしまうこともあります。

そのため、バイアグラを服用する場合は空腹時に服用しましょう。
空腹時に服用するとより効果を高めることができ、満足できる性行為を行うことが可能です。

どうしても、食事をする機会がある場合は最低でも2時間以上の食後時間を空けてください。

また脂分を含んだ食事を避け、お寿司やうどんといった和食をメインに摂取すると影響を抑えることができるのでおすすめです。

ステーキや焼肉などの脂分が多めの食事は食後時間を2時間空けても、お腹の中に油が残っている状態のままです。そのまま、薬を服用しても効果は半減してしまうので注意しましょう。

バイアグラとアルコールについて

バイアグラとアルコールバイアグラとアルコールは併用することができますが、量によっては厳禁とされています。

性行為を行う前はアルコールをたしなみ、酔いの勢いに任せて行うことも多いと思いますが、そのまま薬を服用してしまうと大変なことになっているので注意しましょう。

バイアグラには血管拡張を作用させる効果があり、そこに大量のアルコールが加わると一気に酔いがまわることがあり、急性アルコール中毒を引き起こす可能性もあります。そのため、バイアグラを服用する場合は過度な飲酒は控えてください。

しかし、アルコールに含まれている精神作用は性欲を増加させることができ、少量でしたらバイアグラと併用することで、より満足できる性行為を行うことができます。

服用するなら水が一番

水一般的な薬と同じようにバイアグラもミネラルウォーターといったきれいな水で飲むことをおすすめします。

コーヒーや牛乳でも飲むことは可能ですが、それらに含まれている成分がシルデナフィルの効果を低下させる可能性があるため、成分が入っていないミネラルウォーターか、ぬるま湯が最適です。

また脂肪分を含む牛乳でバイアグラを飲むと薬の吸収率が悪くなってしまうため、脂肪分が多い飲み物での服用はやめましょう。

服用する前に注意すること

医者上記以外にもバイアグラを服用する場合は色々と注意が必要な条件があります。
もし併用してしまった場合は薬の使用を中止して、病院で診察を受けてください。

まず注意事項として挙げられているものが「グレープフルーツとの服用は危険」というものです。バイアグラをグレープフルーツと一緒に服用することは絶対に避けるべきです。

グレープフルーツにはバイアグラの成分を阻害する成分があり、一緒に飲んでしまうと薬の効果が効きすぎてしまい、副作用の発症率を非常に高めてしまう恐れがあります。

また生のグレープフルーツだけではく、それを加工したジュースやカクテル等も副作用の発症率を高めてしまいます。「グレープフルーツを食べたら、バイアグラは使用しない」と意識することが大切です。

次に挙げられてるのが「用法容量を守る」ということです。

これはバイアグラに限らず、すべての薬に言えることですが、より長く性行為を楽しみたいという安易な理由で一度にバイアグラを2錠3錠と大量に飲んでしまうと重度な副作用を発症させることがあります。

海外ではバイアグラを飲み続け、最終的には命を落としたという例もありますので、服用する場合は用法容量を守ることが大切です。

まとめ

まとめEDを改善してくれるバイアグラは症状に悩む男性の心強い味方になってくれますが、使用方法を間違えてしまうと大変なことになってしまいます。

薬も取り過ぎれば毒となるということわざもあることから、やはり正しく服用することが大切ということです。

これから服用を考えている方は、飲み方に関する正しい知識を身につけてから服用しましょう。