バイアグラ・レビトラ・シアリスと酒・食事と服用方法を比較

バイアグラ、レビトラ、シアリスの服用比較バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのこれらED治療薬は、効果・効能以前に服用方法が非常に重要となってきます。

自分の体に合ったED治療薬のはずなのに、効果が全く発揮されなかった場合などはこの服用方法が間違っている可能性が高いです。

服用方法を間違えるとぜんぜん効果が表れないなんてことにもなるので、しっかりと用法用量を守って使用するようにしましょう。

バイアグラ、レビトラ、シアリスはお酒・食事、服用方法についても異なる点があるので、それらをしっかりと認識したうえで、自分のセックスライフに合わせたED治療薬を選ぶのがいいですね。

バイアグラ

 バイアグラ
服用方法空腹時に水で服用
服用タイミング性行為の一時間前
食事の影響強く受ける
お酒の影響受ける
※少量であれば相乗効果でいい影響を与えることも

バイアグラは効果を非常に実感しやすい半面、お酒や食事の影響を強くうけます。なので、食前の空腹時に服用するというのが原則です。ただ、服用した1,2時間後には食事してもほぼ影響はありません。服用は基本水ですが、その他飲料水でも可能です。

レビトラ

 レビトラ
服用方法基本は空腹時に水での服用。
服用タイミング性行為の15~30分前に服用
食事の影響受けにくい
※脂ものなどは影響を受けるので控えること
お酒の影響受けにくい

酒、食事の影響はあまり受けません。しかし、脂肪分の高い食事をした後だと吸収が悪くなります。効果を最大限にするには、レビトラも空腹時に服用するのがよろしいでしょう。服用は水以外での飲料でも可能ですが、お酒はあまり好ましくありません。

シアリス

 シアリス
服用方法食事の影響を受けないので、食後でもOK。
※効果を最大限に発揮したいなら空腹時が望ましい。
服用のタイミング性行為の2~3時間前に服用
食事の影響ほぼ受けない
お酒の影響ほぼ受けない

シアリスはこの3つの中で一番お酒、食事の影響を受けないED治療薬です。ただ、完全に影響がないのではなく、ある程度は効果が軽減することはあります。

また、影響が少ないからといって飲みすぎ食べ過ぎはED治療薬以前に体に支障をきたすので、そこは気をつけましょう。影響を受けにくいのでお酒での服用も可能ですが、やはり水が一番適しています。

シチュエーションに合わせたED治療薬を

ED治療薬お酒・食事についてはシアリスが一番影響を受けにくく、次にレビトラ、バイアグラという順になっています。

ED治療薬が開発された初期のころは食事やお酒による影響がネックな部分となっていましたが、シアリスがその問題を解決してくれました。

そうなると、服用に関してはシアリスの方が優れているように思われますが、シアリスはお酒や食事の影響を受けない一方で、効果が発生するまでに時間がかかるという点があります。

なので、やはりシチュエーションに合わせたED治療薬選びが重要になると言えるでしょう。

レビトラの飲み方、食事とアルコール

レビトラ

レビトラはバイアグラの次に開発されたEDの薬です。
バイアグラのデメリット部分を解消した薬であり、販売開始と同時に勃起不全で悩む男性に注目されました。

レビトラは病院以外でも気軽に購入することができ、近年では症状で悩む方以外の男性が性行為のために購入する方が増加しています。

しかし、レビトラやバイアグラは症状を改善する治療薬であり、服用方法を間違ってしまうと副作用といった効果とは違った症状が発症する可能性も高くなります。

こちらでは正しい飲み方に関する情報を集めています。これから服用を考えている方はチェックしてみてください。

食事の後でも服用できる

男性バイアグラは食前の服用が推奨されていましたが、レビトラは食事の後でも気軽に服用することができます。

しかし、影響を受けないからといって食べ過ぎてしまうと効果が半減してしまったり、食べ物によっては副作用を発症させる恐れもあるので注意しましょう。

バイアグラの場合だと食事の影響を受けやすく、特にステーキや焼肉などの脂分を含んだ食事との相性は最悪なものでしたが、レビトラはバイアグラほどは食事の影響を受けにくいED治療薬です。

しかし、影響を受けにくいからといって、食べ過ぎた後に服用すると、効果が半減してしまうので注意しましょう。

レビトラを使用する場合は「1食約700キロカロリー以内に抑えること」と定められており、それ以上のカロリーを摂取してしまうと効果が半減してしまいます。

うどんやそうめんといったあっさりした和風の食事を選んだり、腹7分目あたりに抑えることでレビトラの効果をアップすることができたり、約2時間ほどの食後時間を空けると安心して服用することができます。

またバイアグラと同じように空腹時に服用することで効果をアップすることができ、パートナーと満足できる性行為を行うことができます。

レビトラと飲酒(アルコール)について

レビトラとアルコールレビトラはバイアグラほどはアルコールの影響を受けませんが、大量飲酒によってアルコールがレビトラの効果を消してしまうおそれはあります。

レビトラだけでなく、すべてのED治療薬には血管拡張作用があり、それはアルコールにもあります。

ED治療薬だけでなく、アルコールの効果も相まって血管が拡張されると、血流が良くなりすぎて、逆にたたないということになってしまいます。

このように、お酒を大量に摂取してしまうとレビトラなどのED治療薬は効果を発揮することができなくなってしまうので気をつけましょう。

ただ、逆にある程度の飲酒なら高揚感を高め、ED治療薬と相乗効果を生むとされているので、ほどほどの飲酒なら問題ありません。

 

服用するなら、やはり水

水

これはED関連の薬だけではなく、他の薬でも同じですが薬を飲むなら、やはり水が一番です。
特に余分な成分が含まれていないミネラルウォーターやぬるま湯は、しっかりと薬を溶かしてくれます。

コーヒーや牛乳など多くの成分や栄養素が含まれている飲み物でレビトラを使用してしまうと薬の吸収率が悪くなることがあり、効果が半減してしまう可能性が高くなります。
特に牛乳の場合は脂肪分を多く含んでいるタイプが多く、薬との相性もあまり良くないので、レビトラの服用をされている方、これから使おうと考えている方は注意しましょう。

服用時の注意点

グレープフルーツレビトラの服用には様々な注意点があり、誤った服用方法を続けてしまうと副作用を発症させる可能性が非常に高くなってしまいます。

レビトラだけではなく、すべてのED治療薬に言えることですが薬とグレープフルーツとの併用は絶対に避ける必要があります。

グレープフルーツには薬の効果を妨害する成分が多く含まれており、一緒に服用してしまうと副作用を発症させる原因となってしまいます。

グレープフルーツそのものを食べたり、ジュースやカクテルと一緒に薬を使用することも避けるべきです。

その他の注意点として挙げられている点は「用法容量を守る」ということです。

レビトラは1回服用するだけで約5時間から10時間ほど効果が続きます。

パートナーと長時間セックスをしたいからなど、安易な理由で大量に薬を飲んでしまうと重度な副作用を発症させてしまいます。

過去の例では用法容量を守らずに心臓発作を引き起こしたり、死亡した例もあるため、大量摂取や用法容量は必ず守って服用してください。

まとめ

医者レビトラはとても優れたED治療薬です。しかし、飲み方を間違えるだけで、効果が十分に得られなかったり、あるいは副作用が発生してしまったりすることがあります。

即効性があるだけに、急な場面で使う方が多いですが、飲み方は間違えてしまって、急な展開に対応できなかったりしたらかなりまずいですよね?

即勃起を期待して飲んだのに、まったく反応がなかったりしたら焦るだけでなく、それがトラウマになり、さらにEDが悪化してしまう可能性だってあります。

それを避けるためにも飲み方にかんしてはきちんと用法用量を守って服用しましょう。

そうすることで、期待通りの効果を発揮し、最高のプレイを堪能することができるでしょう。

バイアグラの飲み方、食事とアルコール

バイアグラ

バイアグラはEDを改善してくれる医薬品の一種です。
個人輸入代行などで簡単に購入できるので、気軽に服用することができますが、医薬品なので飲み方を間違えてしまうと副作用の発症率を高めてしまいます。

これからバイアグラの服用を考えている方は、まず服用方法に関する情報を集めて服用していきましょう。こちらではバイアグラの服用に関する情報をピックアップしているので、是非参考にされてみてください。

バイアグラと食事について

風邪薬や頭痛薬など、一般的な薬は主に食後に服用することが推奨されていますが、バイアグラの場合は違います。

バイアグラと食事の愛称は非常に悪く、食事の後に服用してしまうと効果が半減してしまうため、これから服用を考えている方は注意しましょう。

バイアグラに含まれているシルデナフィルは食事の栄養分と相性が悪く、特に脂分を含んだ食事はより影響を受けるため、せっかくの効果が減少してしまいます。

しかし、性行為を行う前はパートナーとの食事やアルコールを楽しむ機会も多く、しかたなくバイアグラを食後に服用していバイアグラと食事るという方も多いのではないでしょうか。

食事の後に服用してしまうと勃起力を高めることができず、十分なペニスの硬さを手に入れることができなくなってしまいます。不十分な硬さペニスで性行為を行ってしまうと中折れという症状を発症させてしまうこともあります。

そのため、バイアグラを服用する場合は空腹時に服用しましょう。
空腹時に服用するとより効果を高めることができ、満足できる性行為を行うことが可能です。

どうしても、食事をする機会がある場合は最低でも2時間以上の食後時間を空けてください。

また脂分を含んだ食事を避け、お寿司やうどんといった和食をメインに摂取すると影響を抑えることができるのでおすすめです。

ステーキや焼肉などの脂分が多めの食事は食後時間を2時間空けても、お腹の中に油が残っている状態のままです。そのまま、薬を服用しても効果は半減してしまうので注意しましょう。

バイアグラとアルコールについて

バイアグラとアルコールバイアグラとアルコールは併用することができますが、量によっては厳禁とされています。

性行為を行う前はアルコールをたしなみ、酔いの勢いに任せて行うことも多いと思いますが、そのまま薬を服用してしまうと大変なことになっているので注意しましょう。

バイアグラには血管拡張を作用させる効果があり、そこに大量のアルコールが加わると一気に酔いがまわることがあり、急性アルコール中毒を引き起こす可能性もあります。そのため、バイアグラを服用する場合は過度な飲酒は控えてください。

しかし、アルコールに含まれている精神作用は性欲を増加させることができ、少量でしたらバイアグラと併用することで、より満足できる性行為を行うことができます。

服用するなら水が一番

水一般的な薬と同じようにバイアグラもミネラルウォーターといったきれいな水で飲むことをおすすめします。

コーヒーや牛乳でも飲むことは可能ですが、それらに含まれている成分がシルデナフィルの効果を低下させる可能性があるため、成分が入っていないミネラルウォーターか、ぬるま湯が最適です。

また脂肪分を含む牛乳でバイアグラを飲むと薬の吸収率が悪くなってしまうため、脂肪分が多い飲み物での服用はやめましょう。

服用する前に注意すること

医者上記以外にもバイアグラを服用する場合は色々と注意が必要な条件があります。
もし併用してしまった場合は薬の使用を中止して、病院で診察を受けてください。

まず注意事項として挙げられているものが「グレープフルーツとの服用は危険」というものです。バイアグラをグレープフルーツと一緒に服用することは絶対に避けるべきです。

グレープフルーツにはバイアグラの成分を阻害する成分があり、一緒に飲んでしまうと薬の効果が効きすぎてしまい、副作用の発症率を非常に高めてしまう恐れがあります。

また生のグレープフルーツだけではく、それを加工したジュースやカクテル等も副作用の発症率を高めてしまいます。「グレープフルーツを食べたら、バイアグラは使用しない」と意識することが大切です。

次に挙げられてるのが「用法容量を守る」ということです。

これはバイアグラに限らず、すべての薬に言えることですが、より長く性行為を楽しみたいという安易な理由で一度にバイアグラを2錠3錠と大量に飲んでしまうと重度な副作用を発症させることがあります。

海外ではバイアグラを飲み続け、最終的には命を落としたという例もありますので、服用する場合は用法容量を守ることが大切です。

まとめ

まとめEDを改善してくれるバイアグラは症状に悩む男性の心強い味方になってくれますが、使用方法を間違えてしまうと大変なことになってしまいます。

薬も取り過ぎれば毒となるということわざもあることから、やはり正しく服用することが大切ということです。

これから服用を考えている方は、飲み方に関する正しい知識を身につけてから服用しましょう。